コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 8241002科学哲学科学史(演習)

8241002科学哲学科学史(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET32 78241 SJ34
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火2
教員
  • 伊藤 和行(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 この授業では,17世紀を代表する科学者であるガリレオ・ガリレオの『世界系対話』の原典(イタリア語)読解を通じて,宇宙論の革新と,新しい自然研究の誕生過程に関する理解を深める.
到達目標 17世紀科学革命についての理解を得るとともに,17世紀のイタリア語科学文献を読解する基礎的な能力を獲得することを目指す.
授業計画と内容 最初の2回程度をイントロダクションにあて,以後ガリレオの『世界系対話』を講読する.
以下の項目に従って進める予定である.
 1:イントロダクション(第1・2回)
  17世紀科学革命とガリレオの業績
  『世界系対話』の概要
 2:『世界系対話』の読解(第3回~第14回)
  Dialogo sopra i due massimi sistemi del mondo, 1632.
 3:フィードバック(第15回)
フィードバックについては,授業内に指示する.
成績評価の方法・観点 平常点(出席および発表)によって評価する.
履修要件 17世紀のイタリア語文献を読解する演習なので,ある程度のイタリア語の知識が必要である(基礎的な知識では不足である).
授業外学習(予習・復習)等 テキスト読解なので十分な予習が不可欠である.
教科書
  • 授業で使用するテキスト等は,担当教員が準備して配布する.
参考書等
  • 授業中に紹介する.