コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 8231001科学哲学科学史(特殊講義)

8231001科学哲学科学史(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET32 68231 LJ34
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 伊藤 和行(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 この授業では,17世紀科学革命の中心的人物であるガリレオ・ガリレイ(1564-1642)の数学的運動論について検討する.彼の主著である『世界系対話』と『新科学論議』を中心に,彼の運動論の内容を検討し,新しい自然研究の方法について考察する.
到達目標 17世紀科学革命,特に近代的な力学の誕生過程についての歴史的理解を深め,この時代の科学史一次文献の読解についての基礎的な理解を獲得する.
授業計画と内容 以下の項目に従って進める予定である.
 1:イントロダクション(第1・2回)
  17世紀革命とガリレオの科学的業績(第1回)
  ガリレイの人生と業績(第2回)
 2:『世界系対話』における運動の問題(第3回~第8回)
     慣性法則(第3・4回)
     落下法則(第5・6回)
     運動の合成(第7・8回)
 3:『新科学論議』における数学的運動論(第9回~第14回)
     均等運動(第9・10回)
     自然加速運動(第11・12回)
     投射体の運動(第13・14回)
 4:フィードバック(第15回)
フィードバックについては,授業内に指示する.
成績評価の方法・観点 平常点(出席および発表)と期末レポートによって評価する(各50点).
到達目標の達成度に基づき評価する.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に配布するテキストや参考資料を,授業前および授業後に熟読すること.
また授業中に紹介する参考文献を適宜読むように.
教科書
  • 授業で使用するテキストは,担当教員が用意して配布する.