コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7431014地理学(特殊講義)

7431014地理学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET31 67431 LJ39
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 中辻 享(非常勤講師)
授業の概要・目的 本講義では、東南アジアの歴史に地理学的な側面からアプローチすることを試みる。授業の前半では東南アジアの歴史を特に地理的な側面に焦点を当てつつ、概説する。また、現在は自然環境と人との関わりについて長期的な観点から考察することが重要となっている。そこで、後半では、地図、航空写真、衛星画像といった地理資料を用いて、東南アジア農村の土地利用・森林被覆について、たどれる限界までさかのぼり、長期的な変化を明らかにすることを試みる。その方法論と研究例について、ラオスの山村を事例に説明する。
到達目標 東南アジアの歴史を地理的な側面から考察できるようになること。また、土地利用・森林被覆の近年の変化のみにとらわれず、それを長期的に考察することの重要性を理解すること。また、そこに航空写真などの地理資料が大きな役割を果たすことを理解すること。
授業計画と内容 1.イントロダクション
2.海上交易と都市の形成
3.東南アジアの多様な森林産物
4.東南アジアの植民地化と地図作成
5.冷戦期の東南アジア1 ベトナム戦争
6.冷戦期の東南アジア2 ラオスでの戦争
7.冷戦期の東南アジア3 社会主義化と市場開放
8.長期的な土地利用・森林被覆の変化の解明1 東南アジアの地理資料
9.長期的な土地利用・森林被覆の変化の解明2 地理資料の収集
10.長期的な土地利用・森林被覆の変化の解明3 GISを使った地理資料の重ね合わせと分析
11.ベトナム戦争が土地利用・森林被覆に与えた影響1
12.ベトナム戦争が土地利用・森林被覆に与えた影響2
13.ラオス山村の70年間の土地利用・森林被覆の変化1
14.ラオス山村の70年間の土地利用・森林被覆の変化2
15.まとめ
成績評価の方法・観点 授業での積極性やコメントペーパーの内容といった平常点(50点)および期末レポート(50点)で評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業内で紹介した参考文献等に目を通す、授業内で討論を行うための事前準備など