コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7431013地理学(特殊講義)

7431013地理学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET31 67431 LJ39
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 中辻 享(非常勤講師)
授業の概要・目的 東南アジア大陸部(中国雲南省、ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマー、カンボジア)の山地には多様な民族が暮らしており、彼らは伝統的に山地斜面での焼畑稲作に従事してきた。しかし、彼ら山地民の生計と土地利用は、国家や国際社会の政治経済の強い影響を受けるなかで、近年大きく変容している。この講義では、特にラオスの山村に焦点を当てつつ、こうした状況において彼らがどのような生計戦略を取っているかを特に土地利用の面から明らかにすることを主眼とする。
到達目標 第三世界の政治生態学的研究の一事例として、東南アジアの山地民の生計と土地利用の近年の変化について理解し、自身の研究のための素地とすること。
授業計画と内容 1.イントロダクション 東南アジアの山地民と焼畑
2.焼畑とはどのような農業か1 日本と東南アジアの焼畑
3.焼畑とはどのような農業か2 焼畑の作業過程
4.焼畑とはどのような農業か3 休閑期間の役割
5.焼畑の土地利用にせまる 私の調査方法
6.山地民と国家との関わり1 東南アジアの多様な民族
7.山地民と国家との関わり2 集落移転事業について
8.山地民と国家との関わり3 土地利用政策について
9.山地民と国家との関わり4 村境の画定に関して
10.山地民の暮らしと土地利用の変化1 換金作物の導入
11.山地民の暮らしと土地利用の変化2 世帯の生計活動の多様性と貧富の差の拡大
12.山地民の暮らしと土地利用の変化3 ウシ・水牛の飼養
13.山地民の暮らしと土地利用の変化4 ブタ・家禽の飼養
14.山地民の土地利用戦略
15.まとめ
成績評価の方法・観点 授業内の積極性やコメントペーパーの内容といった平常点(50点)および期末レポート(50点)で評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業内で紹介した参考文献等に目を通す、授業内で討論を行うための事前準備など