コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7331024社会学(特殊講義)

7331024社会学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET30 67331 LJ45
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木2
教員
  • 柴田 悠(人間・環境学研究科 准教授)
授業の概要・目的 この社会で「幸せに生きる」には、どうしたらいいのか? 身近な人の「幸せをサポートする」には、どうしたらいいのか? そして、「より多くの人々が幸せに生きられる社会」をつくるには、どうしたらいいのか?
「幸せ」という概念は「本人がそうありたいと望む状態」として使われることが多い。そのため、上記の問いは、人間行動についての究極的な問いの一つといえる。

そこで本講義では、上記の問いについての最新の研究成果や、担当教員による現在進行中の研究をふまえながら、受講者とともに上記の問いへの答えを考究する。
(なお、全学共通科目における同教員の前期「社会学I」・後期「社会学II」よりも「幸福」と「人間行動」に重点を置いた授業方針となるため、毎回の内容も視点が異なる。多角的な理解を深めるためには「社会学I」「社会学II」の受講も推奨する。)
到達目標 人間行動に関する問いについて、客観的に考察できるようになる。
授業計画と内容 毎回、主に担当教員(柴田)の研究内容を、その背景となる先行研究なども含めて、順を追って詳しく紹介していく。
その際、参考として以下の内容も必要に応じて紹介する(ただし授業回とテーマの対応は目安であり、受講者の状況などに応じて順番や内容を変更する可能性がある)。
また、一方的な講義にならないように、グループディスカッションによる感想交換・質問錬成や、コメントシートによる質疑応答なども行う。

第1回 研究とは何か
第2回 現在の幸福研究(1)
第3回 現在の幸福研究(2)
第4回 どうしたら幸せに生きられるのか(1)遺伝子と行動――PDFテキスト
第5回 どうしたら幸せに生きられるのか(2)環境と社会保障――PDFテキスト
第6回 社会保障の起源(1)――『子育て支援と経済成長』第4章
第7回 社会保障の起源(2)――『子育て支援と経済成長』第4章
第8回 社会保障の効果(1)――『子育て支援が日本を救う』
第9回 社会保障の効果(2)―― 『子育て支援が日本を救う』
第10回 社会保障の未来(1)
第11回 社会保障の未来(2)
第12回 AIと社会の未来(1)
第13回 AIと社会の未来(2)
第14回 これからの社会をどう生きるか、どう変えるか

期末試験(詳細は授業中に説明)

第15回 フィードバック(詳細は授業中に説明)
成績評価の方法・観点 学期末試験(筆記、100点満点)によって評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 予習は、次回に扱うテキストPDFや参考書が指定されていれば、その該当範囲をできるだけ読んでおくこと。指定されていなければ、次回の内容と関連する本やニュース記事、ドキュメンタリー番組などをできるだけ通読・視聴しておくこと。
復習は、毎回の授業内容をふりかえり、関連情報を調べること。不明点については、次回に口頭かコメントシートで教員に質問すること。
予習・復習の時間配分は、予習120分、復習120分を目安とする。
参考書等
  • 子育て支援が日本を救う――政策効果の統計分析, 柴田悠, (勁草書房), ISBN: ISBN:4326654007
  • 子育て支援と経済成長, 柴田悠, (朝日新聞出版), ISBN: ISBN:4022737069
関連URL
  • https://sites.google.com/site/harukashibata/profile