コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7331017社会学(特殊講義)

7331017社会学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET30 67331 LJ45
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • DEBNAR Milos(非常勤講師)
授業の概要・目的 質的調査の代表的な方法であるインタビューや参与観察などの方法について、事例を使いながら学ぶ。また、質的調査を行う際の倫理や、質的調査でえられたデータをいかに分析し、解釈するかについても検討する。それを通して、質的調査を実施できるようになることが目的である。
到達目標 質的調査の基本的な方法を理解し,実践的な事例を通してデータの収集方法から分析方法まで、質的調査ができるようになる。
本講義では、移民や人種に関する研究の事例を使い、社会調査の理解を深めることを目指す。
授業計画と内容 1.授業の進め方、コース概要、自己紹介
2.質的調査とは何かー移民研究の事例から
3.質的調査のプロセス
4.質的調査の方法①―インタビュー
5.質的調査の方法②―インタビューⅡ
6.質的調査の方法③―参与観察、観察
7.質的調査の方法④―その他の方法
8.質的調査の分析①―グランゼドセオリー
9.質的調査の分析②―その他の方法
10.質的調査とソフト―データ収集と整理
11.質的調査とソフト―データ分析
12.質的調査と倫理①
13.質的調査と倫理②
14.質的調査の結果発表
15.まとめ
成績評価の方法・観点 レポート(50%)
小テスト(20%)
平常点(30%)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 次の回の課題となる文献等を読んで、自分の考えをまとめておく。