コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7031014考古学(特殊講義)

7031014考古学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET27 67031 LJ38
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 小澤 毅(非常勤講師)
授業の概要・目的 飛鳥・奈良時代の宮都の発掘成果と関連史料の分析をつうじて、律令国家の成立過程を具体的にたどり、歴史考古学の方法論を理解する。
到達目標 ・飛鳥・奈良時代の宮都の発掘調査成果を具体的に理解する。
・宮都の展開過程から律令国家の成立との関係を読み取る力を養う。
・考古資料と文献史料の分析をつうじて、歴史考古学の方法論を身につける。
授業計画と内容 (開講日時は5月上旬にKULASISを通して連絡)
第1回 飛鳥時代のはじまり―飛鳥寺の建立と豊浦宮―
第2回 小墾田宮の造営と継承
第3回 官道の設定と五条野丸山古墳
第4回 飛鳥岡本宮の成立と百済宮・百済大寺の造営
第5回 小山田古墳の被葬者
第6回 飛鳥諸宮の展開―板蓋宮・後岡本宮・浄御原宮―
第7回 飛鳥浄御原宮の構造
第8回 嶋宮の伝領
第9回 飛鳥の宮都空間と関連施設
第10回 古代都市「藤原京」の成立
第11回 藤原京の官寺―大官大寺と薬師寺―
第12回 京南の葬地―「聖なるライン」は存在したか―
第13回 平城京の建設と条里
第14回 平城宮の構造とその変遷
第15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 学期末のレポートおよび平常点により成績を評価する。
レポート60%、平常点40%。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 必要に応じて授業時に別途指示する。
教科書
  • 授業時に、関連するプリントを配布。
参考書等
  • 古代宮都と関連遺跡の研究, 小澤 毅, (吉川弘文館), ISBN: ISBN:978-4-642-04643-5
  • 日本古代宮都構造の研究, 小澤 毅, (青木書店), ISBN: ISBN:4-250-20309-3
  • 古代都城制条里制の実証的研究, 井上 和人, (学生社), ISBN: ISBN:4-311-30484-6