コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 7031011考古学(特殊講義)

7031011考古学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET27 67031 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 諫早 直人(非常勤講師)
授業の概要・目的 4~6世紀の日本列島を含む東北アジアの騎馬文化には、王権を単位とする強い地域性と、それらを越えた顕著な共通性が同時に認められる。本講義では、馬具を中心とする考古資料を地域横断的に分析し、東北アジアにおける騎馬文化の東漸のメカニズムについて考える。
到達目標 現在の国境を越えて広域に散在する考古資料から歴史を叙述する方法を学ぶことで、それぞれが関心をもつ考古資料を観察・記録・解釈するための基本的な知識と方法を身につける。
東アジア的な広がりの中で日本考古学を研究する視角・方法を身につける。
授業計画と内容 基本的に以下の計画で講義を進める予定であるが、各項目の講義の順序は固定したものではなく、受講者の背景や理解の状況に応じて適切に決める。

第1回:騎馬民族征服王朝説と馬具研究
第2回:東アジアにおける鉄製轡の製作技術(1)朝鮮三国時代を中心に
第3回:東アジアにおける鉄製轡の製作技術(2)朝鮮原三国時代を中心に
第4回:鉄製轡製作技術からみた騎馬民族征服王朝説
第5回:東アジアにおける馬具の製作年代(1)並行関係の設定
第6回:東アジアにおける馬具の製作年代(2)暦年代の付与
第7回:中国東北部の馬具
第8回:朝鮮半島南部の馬具(1)加耶
第9回:朝鮮半島南部の馬具(2)新羅
第10回:朝鮮半島南部の馬具(3)百済
第11回:朝鮮半島南部の馬具(4)栄山江流域
第12回:日本列島の初期馬具
第13回:日本列島における馬具生産のはじまり
第14回:日本列島における馬具生産の特質
第15回:騎馬文化の東漸とその史的意義

それぞれのトピックで完結するのではなく相互に関連させながら講義をすすめる。
成績評価の方法・観点 平常点評価(小レポートなど)約30%
学期末レポート 約70%
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義内容をよく理解するためには、日本列島を含む東北アジアの地理的環境や東北アジア史の大まかな流れを事前に勉強することが重要である。また授業で紹介する史跡や博物館に通い、実際にモノをみることで理解はさらに高まるだろう。
教科書
  • 適宜、資料を配布する。
参考書等
  • 東北アジアにおける騎馬文化の考古学的研究, 諫早直人, (雄山閣), ISBN: ISBN:978-4639022145
  • 馬の考古学, 右島和夫ほか編, (雄山閣), ISBN: ISBN:978-4639026808