コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6851002西南アジア史学(講読)

6851002西南アジア史学(講読)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET25 76851 LJ38
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講読
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 磯貝 健一(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 18世紀初頭に作成された、ジャーン朝期中央アジアの年代記、Muhammad Yusuf Munshi, Tadhkira-yi Muqim Khaniを講読する。中世から近世にかけてイランや中央アジアで作成されたペルシア語年代記に共通する美文体の文章に慣れ、これを正しく読解することが本授業の目的である。

In this course students read Muhammad Yusuf Munshi's Tadhkira-yi Muqim Khani, the early 18th century Central Asian chronicle dedicated to the history of Janids (or Ashtarkhanids). The main purpose of the course is to gain the ability to read Persian historical text written in the florid prose style common to almost all chronicles created in pre-modern Iran and Central Asia.
到達目標 ペルシア語の歴史文献を正確に読解することができる。

Upon the successful completion of this course, students will gain the ability to read Persian historical texts precisely.
授業計画と内容 第1回 授業ガイダンス、講読作品、および、時代背景の説明
第2回~第14回 同作品中、ジャーン朝期の歴史を叙述した箇所を講読する(テヘラン刊本の119~143頁、Imam Quli Khan (r.1611-42)の即位を叙述する箇所まで)
第15回 授業内容のまとめ、および、質問の受付と回答

Week 1: Explaining about Tadhkira-yi Muqim Khani and its historical backdrop
Weeks 2-14: Reading Tadhkira-yi Muqim Khani - from the description of the beginning of Janids' rule over Central Asia to that of Imam Quli Khan's (r. 1611-42) accession to the throne
Week 15: Feedback and Discussion
成績評価の方法・観点 講読への取組と、事前準備の状況を基準として、平常点により評価する。

Participation in class and preparation for reading
履修要件 ペルシア語の基礎文法を習得していること。

Students are expected to have learned the basic grammar of Persian language.
授業外学習(予習・復習)等 毎回、必ず予習して授業に臨むこと。目安となる予習時間は、180分程度である。

Students will be required to make adequate preparations for reading the text (about 180 mins. for each class)
教科書
  • 必要な資料をPDF化し、Web上で共有する。 Handouts will be shared through Google Drive