コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6842001西南アジア史学(演習II)

6842001西南アジア史学(演習II)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET25 76842 SJ38
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 磯貝 健一(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 16世紀のシャーフィイー派ウラマーであるIbn Ruzbihanが、ペルシア語で著した統治マニュアル、Suluk al-Mulukを講読する。ペルシア語本文と引用元のアラビア語原文を対照することにより、アラビア語がペルシア語に翻訳される際、アラビア語固有の表現がどのようにペルシア語に移し替えられたのかにつき学習する。

In this course students read Suluk al-Muluk, the early 16th century Central Asian governance manual compiled by Ibn Ruzbihan, a Shafiite ulama who fled there to avoid persecution from Shiite Safavids. The work consists of citations from different Arabic lawbooks, which were literally translated into Persian by the author. We can easily find out original Arabic text of each part of the work owing to annotations made by the author about reference sources. Students will read the work in both Persian and Arabic, thereby acquiring knowledge about to what extent Arabic syntax left its traces on translated text.
到達目標 ・ペルシア語、および、アラビア語の文法をより深く理解し、歴史的なテキストを正確に読解することができる。
・イスラーム法学の基本的な術語について正確に理解し、これを他者に説明することができる。

Upon the successful completion of this course, students will:
(1) gain an in-depth understanding about the grammar of both Persian and Arabic and obtain the ability to read historical text written in these languages accurately.
(2) have an adequate knowledge about the technical terms used by Islamic jurists.
授業計画と内容 第1回
授業の進め方についての説明。講読文献の著者、および、その内容についての解説。
第2回~第14回
Suluk al-Muluk、「ハラージュ章」の内、ハラージュおよびハラージュ地の定義について述べた箇所の講読。
第15回
これまでの講読内容のまとめ、および、内容についての討議。
第16回~第29回
Suluk al-Muluk、「ハラージュ章」の内、君主によるハラージュの徴収について述べた箇所の講読。
第30回
これまでの講読内容のまとめ、および、内容についての討議。

Week 1: Explaining about the author and work
Weeks 2-14: Reading the text from the chapter of Kharaj (land tax) concerning the definition of Kharaj and the land on which it is levied
Week 15: Feedback and Discussion
Weeks 16-29: Reading the text from the chapter of Kharaj (land tax) concerning the way for rulers to collect Kharaj
Week 30: Feedback and Discussion
成績評価の方法・観点 講読の担当、予習の状況にもとづき、平常点で評価する。

Participation in class and preparation for reading
履修要件 アラビア語ないしペルシア語の基礎文法を学習していることが望ましい。

Students are expected to have learned the basic grammar of either Arabic or Persian.
授業外学習(予習・復習)等 毎回、前回の授業時に予告された講読箇所を一通り読んで授業に参加すること。

Students will be required to make adequate preparations for reading the text.
教科書
  • PDF化したファイルを、Web上で共有する。 Handouts will be shared through Google Drive.