コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6731024東洋史学(特殊講義)

6731024東洋史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET24 66731 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 宮宅 潔(人文科学研究所 准教授)
授業の概要・目的 新出史料に依拠しつつ、中国秦漢時代の一般庶民や下級官吏が如何なる生涯をおくったのかを、制度的な側面から紹介していく。特に戸籍制度・土地制度・賦税制度などに注目して、国家が如何にして臣民を管理したのかを概説し、それを通じて中国古代の専制国家の姿について、理解を深めることを目指す。
今年度は前年度に引き続き、官僚制度や軍事制度について紹介していく。
到達目標 中国古代史の諸制度について、基本的な知識を身につけたうえで、そこからうかがえる古代社会の有様について理解を深め、古代史研究の基礎を確立する。
授業計画と内容 1.ガイダンス
2.前年度のおさらい
3.家族制度
4.教育制度
5.官僚制度
6.徴兵制度
7.婚姻制度

初回のガイダンスの後、各単元を2~3回に分けて講義する。
成績評価の方法・観点 期末レポート(80点)に平常点(授業内での質問・発言 20点)を加味して評価する。
履修要件 中国古代史に関する基本的知識を身につけていることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 特に予習は必要としないが、授業内容の復習とともに、関連する諸分野の研究にも関心を広げてもらいたい。