コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6731019東洋史学(特殊講義)

6731019東洋史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET24 66731 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 承 志(非常勤講師)
授業の概要・目的 マンジュ語『内国史院档』は、ダイチン=グルンの成立の歴史を研究する上で最も重要な原典史料であり、ジュシェン(女真)人のマンチュリア支配から中国本土支配への移行期の歴史を正確に把握するためにも必読の基本史料である。この授業では、マンジュ語の原典に基づいて文献解説と購読を行う。初回の授業では世界におけるマンジュ語史料の保存状況と研究の実態、必要な辞典類・目録・索引・史料集および主なマンジュ語史料のデジタルデータなどを紹介する。最終回ではまとめを行う。2-13回の授業では史料の読解、参加者との質疑・討論を行う。
到達目標 ・マンジュ語史料の研究方法を習得できる。
・マンジュ語の基礎的な文法を学ぶことができる。
・史料を読み解くことができるようになること。
授業計画と内容 第1回 イントロダクション
第2回 『内国史院档』の研究史とその内容
第3回~14回 『内国史院档』の読解
第15回 まとめ
成績評価の方法・観点 平常点(授業での発表など)60点、期末レポート40点
履修要件 満洲語の基礎文法を一通り学習していること。
授業外学習(予習・復習)等 授業前の予習を必須とする。
教科書
  • 読解史料は、授業の際にプリントを配布する。