コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6731011東洋史学(特殊講義)

6731011東洋史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET24 66731 LJ38
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 辻 正博(人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的  古代日本にも多様な形で影響を与えた隋唐王朝の政治制度については、これまで膨大な研究の蓄積がある。この講義では、北朝末から唐代前期までの政治制度について、政治史の動向にも目を配りつつ、概観する。ともすれば、静的なイメージで捉えられがちなこの時代の政治制度が、大きな変貌を遂げていることを改めて認識していただければと思う。
到達目標  古代日本の「律令制」に大きな影響を与えた隋唐時代の政治制度について、その背景となった政治動向を踏まえ、総合的に理解する。
授業計画と内容  以下のテーマについて、およそ2~3週を目途に講義を進める。
 なお、初回授業(ガイダンス)時に、学期の授業計画および講義で必要される諸事項について説明を行うので、必ず出席すること。
1.隋王朝の政治制度
(1)文帝の時代と政治制度
(2)煬帝による制度変革―中華統一を承けて
2.唐王朝の政治制度
(1)王朝の成立事情と隋制の継承
(2)制度の骨格―太宗・高宗朝
3.武周王朝における制度変革
4.玄宗による制度の再整備―復古と改革
まとめとフィードバック
成績評価の方法・観点 期末レポートの成績による。(100%)
 レポートは到達目標の達成度に基づき評価する。
 よく工夫のなされているレポート・独自の観点を提示したレポートに対して、高い評価を与えます。「剽窃」については、「試験における不正行為」と見なし、厳正に対処します。
履修要件 中国史に関する概説的知識を身につけていること(事前に、概説書を一読しておくこと)。
授業外学習(予習・復習)等 中国史に関する概説書(「参考書等」に掲げる参考文献もその一つ)を事前に一読しておくこと。
参考書等
  • 概説中国史(上):古代―中世, 冨谷至・森田憲司編, (昭和堂), ISBN: ISBN:978-4812215166