コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6731004東洋史学(特殊講義)

6731004東洋史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET24 66731 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月4
教員
  • 中砂 明徳(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 現在アジュダ図書館には、かつてマカオのイエズス会が保存していた文書の写しが存在し、17世紀のマカオを知るうえで貴重な史料源となっている。この授業では、まずマカオ関係史料に関する先行研究を整理したうえで、アジュダ文書を用いて17世紀前半とくに1620年代後半から30年代前半にかけてのマカオにおけるイエズス会の活動、日本の「殉教」者顕彰、中国政府との交渉などにについて論じる。
到達目標 1、マカオに関する先行研究と原史料についての理解が得られる
2、極東のハブとしてのマカオの多面的な性格を把握することができる
授業計画と内容 1、導入。マカオとアジュダ文書
2、マカオのコレジオ
3、ベトナム布教
4、日本の殉教者たち
5、各修道会の対立
6、ペドロ・モレホン
7、巡察師:ジェロニモ・ロドリゲス
8、巡察師:アンドレ・パルメイロ
9、北京への使節
10、徐光啓とマカオ
11、地方当局との交渉
12、ドミニコ会士の中国入り
13、市民
14、教会
15、フィードバック
成績評価の方法・観点 レポートで評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業で紹介する参考文献を読むことによって、問題点を確認するとともに次週の授業に備える。