コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 6631004日本史学(特殊講義)

6631004日本史学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET23 66631 LJ38
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 岩城 卓二(人文科学研究所 教授)
授業の概要・目的 本講義では、石見銀山附幕領を対象に、天保飢饉以降から長州戦争期までにおける石見地域社会の変容について講義し、幕末社会の歴史的意義を考える。
到達目標 近世史研究に必要な史料読解能力と、歴史像を構築する手法を習得する。
授業計画と内容 1,天保飢饉と浜田藩所替(1~2回)
2,幕末期における石見銀山附幕領の地方支配(3~5回)
3,銅山師堀家と取締役(6~11回)
4,身分・家格の上昇(12~14回)
5,まとめ(15回)
フィードバックの方法は別途連絡。
成績評価の方法・観点 平常レポート(30%) 学期末レポート(70%)
履修要件 一定の漢文読解力を必要とする。
授業外学習(予習・復習)等 授業中に指示する史料の精読。
教科書
  • 使用しない
参考書等
  • 授業中に紹介する