コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5641004キリスト教学(演習)

5641004キリスト教学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET08 75641 SJ34
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金5
教員
  • 淺野 淳博(非常勤講師)
授業の概要・目的 新約聖書はキリスト教思想の基盤であり、キリスト教思想研究を志す者には、聖書原典を読む能力(語学・聖書学・聖書神学など)が求められます。本講義の目的は、受講者が、使徒パウロによるローマ書簡(1-8章)を原典から翻訳するとともに、その背後にある神学および歴史・社会状況を深く理解することです。
到達目標 この講義を終えた際、受講者は以下のことができるようになっていることが望まれます。
1. パウロに特徴的なギリシア語表現を理解しつつ、原典の適切な翻訳をする。
2. ローマ書簡前半部の神学的特徴を端的に述べる。
3. ローマ書簡が執筆された歴史的および社会的状況を端的に述べる。
授業計画と内容 1. 神学トピック#1:ローマ教会とユダヤ教会堂
2. 翻訳演習(ロマ5.1-11)
3. 翻訳演習(ロマ5.1-11)続き
4. 神学トピック#2:理想的殉教者としてのキリスト
5. 翻訳演習(ロマ5.12-21)
6. 翻訳演習(ロマ5.12-21)続き
7. 神学トピック#3:アダムなる予型
8. 翻訳演習(ロマ6.5-19)
9. 翻訳演習(ロマ6.5-19)続き
10. 神学トピック#4:メタファとしてのバプテスマ
11. 翻訳演習(ロマ7.7-20)
12. 翻訳演習(ロマ7.7-20)続き
13. 神学トピック#5:「私」と罪と律法
14. 翻訳演習(ロマ8.9-29)
15. 翻訳演習(ロマ8.9-29)続き
成績評価の方法・観点 1. 演習での貢献度と理解度(60%)
2. 期末レポート(40%)*レポートは英語でも受け付けます。
履修要件 ギリシャ語初級文法を習得していることが期待されますが、必要とあれば個別的に相談します。
授業外学習(予習・復習)等 1. 原書講読の予習:「受講者ノート」にある各問いに答え、テクストを翻訳する。
2. トピックの予習:註解書等を見て、トピックに関する予備知識をつける。
教科書
  • Nestle-Aland's Novum Testamentum Graece, 28th edn, B. Aland et al., (Deutsche Bibelgesellschaft), ISBN:1619700301
  • 受講者ノート, 淺野淳博,
参考書等
  • 使徒パウロの神学, J.D.G.ダン, (教文館), ISBN: ISBN:978-4-7642-7431-0