コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5631001キリスト教学(特殊講義)

5631001キリスト教学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET08 65631 LJ34
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水2
教員
  • 津田 謙治(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 この講義の目的は、ニカイア公会議(325年)以前までの初期キリスト教の中で形づくられた教理の発展の歴史を、個々の主題に沿って提示することにある。教理とは、教会の中で唱えられたキリスト教の教えであるが、最初期のキリスト教の時代から教説の正統性をめぐって様々な問題が生じ(例えば、一神教やキリスト論の問題など)、その都度それらに対処することによって教理が形成されてきた。本講義では、キリスト教とユダヤ思想や諸哲学との間にあった緊張関係に目を向けつつ、教父たちが形成した教理や諸概念を分析する。
到達目標 主として4世紀くらいまでの教理形成の中心的な問題点に関する基本的な知識を身に付け、当時の主要な文献を分析しながら、初期キリスト教における教父思想と教理を歴史的に位置づけ、吟味することができる。
授業計画と内容 本年度前期のテーマは、「初期キリスト教教理史」である。初回のオリエンテーションに続いて、次のような項目について、講義が進められる。一回の講義で一つの項目が取り上げられる。

1.オリエンテーション
2.キリスト教の教父たち
3.ユダヤ教とキリスト教
4.ヘレニズムのユダヤ教
5.キリスト教を取り巻く諸宗教
6.古代哲学とキリスト教
7.グノーシス思想
8.信仰の原則と伝統
9.3世紀以降の教理的規範
10.旧約聖書の正典化
11.新約聖書の正典化
12.二つの聖書の統一と予型論
13.使徒教父時代の三一論
14.護教家における三位一体の形成
15.まとめと総括およびレポート等に関する解説
成績評価の方法・観点 レポートによる。(講義内容の理解と、それとの関連における問題の展開を問う。)
レポート内容についての相談は、個別的に行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に取り上げる事典類や参考文献などを用いての復習を中心とするが、詳細については授業内にて説明する。
教科書
  • 授業中にプリントを配付する。
参考書等
  • 初期キリスト教教理史 上 使徒教父からニカイア公会議まで, J.N.D. ケリー, (一麦出版社),