コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5443005倫理学(演習)

5443005倫理学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET06 75443 SJ34
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 佐藤 義之(人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的  フランスの現象学者メルロ=ポンティは、もっぱら知覚論や身体論において、主体の事実的なあり方、主体によって生きられた世界の姿について、斬新な見解を示した。
 前期授業ではメルロ=ポンティのラジオ講演より知覚論に関する箇所を抜粋して仏語原語で読むことにする。ラジオ講演という性格上、メルロ=ポンティの著作のなかでは比較的平易なテキストである。
到達目標  メルロ=ポンティの著作を精読することで、彼の思想を理解するとともに、今までの知覚観を覆す彼の知覚論を通じて、知覚というものについての考えを深める。
授業計画と内容  上記の著作はメルロ=ポンティの思想のエッセンスを彼自身が描いたものである。授業はこの著作の中から知覚論とそれに関連する箇所を抜粋、熟読することで、彼の魅力的な知覚論の大枠の理解を試みたい。
 第1回:ガイダンス
 第2回~第14回:上記ラジオ講演の該当箇所の精読
 第15回フィードバック
※フィードバックについては授業で周知する。
成績評価の方法・観点  平常点
履修要件  仏語原典で読むので、フランス語の最低限の読解力は不可欠である。
授業外学習(予習・復習)等  当日授業で扱う箇所の予習は不可欠である。
教科書
  • Causeries 1948, M. Merleau-Ponty, (édition du Seuil),