コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5431003倫理学(特殊講義)

5431003倫理学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET06 65431 LJ34
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 荻原 理(非常勤講師)
授業の概要・目的 本授業の目的は、現代の重要な哲学者、ジョン・マクダウェル(1942-)の倫理学的議論を検討することである。マクダウェルの倫理学的立場は、徳倫理学、実在論(=認知主義)、個別主義として特徴づけられる。またマクダウェルはフィリッパ・フット、バーナード・ウィリアムズ、ジョン・マキー、サイモン・ブラックバーンらと論争を展開している。本授業を通じて、現代のとくに英語圏の倫理学に対する一つの眺望が得られることと思う。
到達目標 マクダウェル『徳と理性――マクダウェル倫理学論文集』(勁草書房、2016年。これは McDowell, MIND, VALUE, AND REALITY, Harvard UP., 2001 の抄訳)所収の諸論文で示されたマクダウェルの主要論点を正確に理解する。そして、それらの論点について説明できるようになる。
授業計画と内容 基本的に以下の計画に従って講義を進める。ただし、参加者の関心等に応じて変更するかもしれない。

第1回 イントロ
第2-4回 「徳と理性」
第5回 「道徳的要求は仮言命法か」
第6回 「外在的理由はありうるか」
第7回 「価値と第二性質」
第8-10回 「倫理学における投射と真理」、「非認知主義と、規則に従うこと」など
第11回 「二種類の本性主義(自然主義)」
第12-14回 討論
第15回 まとめ
成績評価の方法・観点 授業内での発言(20点)、レポート(80点)
レポートは到達目標の達成度に基づき評価する。
レポートの替わりに、授業の終わりの方の回(「討論」の回)にプレゼンをしてもよい(可能な人数に限りがあるので、授業初回に相談する)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業の前に教科書を読んでおいてください。
余裕があれば、関心に応じて参考書にも目を通して下さい。
それ以外に必要な文献があれば授業時にコピーを配布します。配布後に、関心に応じて読んでください。
教科書
  • マクダウェルの倫理学――『徳と理性』を読む, 荻原理, (勁草書房), ISBN:978-4326154856
参考書等
  • Mind, Value, and Reality, John McDowell, (Harvard University Press), ISBN: ISBN:978-0674007130
  • 徳と理性――マクダウェル倫理学論文集, ジョン・マクダウェル, (勁草書房), ISBN: ISBN:978-4326199686