コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5242001西洋哲学史(演習)

5242001西洋哲学史(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET03 75242 SJ34
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 木4・5
教員
  • 周藤 多紀(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 中世哲学史を専攻している学生を中心とした参加者が自分の関心あるテーマについて発表を行い討論を行うことを通じて、中世哲学史のさまざまな領域の論点についての歴史的知識を深め、哲学的分析力を高めることを目的とする。
到達目標 ・西洋中世哲学の諸問題について広く学び、歴史的連関と哲学的重要性について説明できるようになる。
・自身の哲学的関心を原典テキストに基づいて明快に記述することができるようになる。
・他者の批判的吟味を理解し、それを自分の議論展開や論文作成に活かすことができるようになる。
授業計画と内容 隔週の開講とし、1回あたり参加者1名が発表を行い、その後担当教員や他の参加者との討論を行うこととする。発表の内容は参加者が自分で自由に選ぶことができるが、発表内容の梗概を事前に他の参加者に配布することが求められる。

第1回 打ち合わせ、発表順の決定
第2-14回 各自の発表、質疑応答
第15回  まとめ、質問受付
成績評価の方法・観点 平常点による。発表の内容、討論への参加などにより評価するが、最低1回の発表を行うことが前提となる。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業の特性上、発表担当者は授業外にその準備をすることが必要である。また、その他の出席者も担当者の予告した発表内容について、あらかじめ予習することが求められる。