コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 5141005哲学(演習)

5141005哲学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET01 75141 SJ34
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 火4
教員
  • 戸田 剛文(人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的 スコットランド常識学派の代表者といわれるトマス・リードの『人間の知的能力論』を原典で読む。
リードは、近代イギリス経験論の影響をうけつつ、ロックからヒュームにいたる哲学者を批判した哲学者であり、その評価は近年ますます高まっている。知識とはどのようなものかを考える上でも、彼の議論は興味深い手掛かりをわれわれに与えてくれる。
到達目標 身近なテーマを用いることにより、普段、当然のように考えている概念がいかなるものであるのかを考察することで、常に深く考える思考力を身につける。
授業計画と内容 とくに担当者を決めず、数行ずつ訳してもらいながら進めていく。

途中で重要な人物や理論などについて、調べてもらって解説してもらう。
成績評価の方法・観点 訳、質問、議論などの平常点で判断する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業のテーマに関連することをさらに調べて自分なりの考えを発展させてください。