コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3741001イタリア語学イタリア文学(演習)

3741001イタリア語学イタリア文学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET22 73741 SJ36
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金3
教員
  • 村瀬 有司(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的  イタリアの抒情詩の源に位置するフランチェスコ・ペトラルカのソネットを精読します。個々の作品の内容だけではなく形式的な特色にも注意を向けながら、トスカーナ語抒情詩の伝統について理解を深めることが授業の目的となります。
到達目標 ①詩文を正確に読解する力を身につける。
②韻文の形式美について理解を深める。
授業計画と内容  以下の予定で授業を進めます。

初回:イントロダクション

第2回~第14回:『カンツォニエーレ』の読解と考察

第15回:フィードバック
成績評価の方法・観点  小テスト(80%)と期末レポート(20%)をもとに評価します(予定)。
履修要件  イタリア語の読解力を備えていること。
授業外学習(予習・復習)等  原典の精読に基づく授業なので、十分な予習が求められます。毎回簡単な小テストを行って予習の精度を確認します。テクストを音読してイタリア語の韻文のリズムに親しみましょう。
教科書
  • プリント配布。
参考書等
  • 授業中に紹介します。