コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3731008イタリア語学イタリア文学(特殊講義)

3731008イタリア語学イタリア文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET22 63731 LJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 菊池 正和(非常勤講師)
授業の概要・目的 この講義の目的は、レオナルド・シャーシャ(1921-1989)の中期の短編小説を精読することで、統一後のイタリアにおいて社会的・文化的に特異な位置を占めるシチリアについての理解を深めることである。
とくに今セメスターは『ぶどう酒色の海』を取り上げる。
到達目標 ①現代の小説を正確に速く読解できるようになる。
②イタリアにおけるシチリアの社会的・文化的特異性を理解する。
③当時の社会状況を補助線に作家の問題意識を正確に把握し、文体論と合わせて作家研究の手法を習得する。
授業計画と内容 第1回 イントロダクション 授業の概要の説明
第2回~第3回  短編小説 "Reversibilita'"の精読と内容分析
第4回~第8回  短編小説 "Il mare colore del vino"の精読と内容分析
第9回~第10回 短編小説 "Giufa"の精読と内容分析
第11回~第13回 短編小説 "Gioco di societa'"の精読と内容分析    
第14回~第15回 レオナルド・シャーシャの中期作品に見られる特徴についての討論
成績評価の方法・観点 平常点(50%)と期末レポート(50%)を基に評価する。
履修要件 イタリア語の文法の学習は終えておくこと。
また、イタリアの近現代史の知識があることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 テキストの精読をベースにした授業なので予習が不可欠である。単語の意味を調べ終えた後にどれだけ内容理解に時間をとれるかが学習の鍵となる。
また、授業後は履修した箇所を音読すること。イタリア語を正確に発音しながら内容が頭に入ってくるまで繰り返し読むこと。
教科書
  • プリントを配布する。
参考書等
  • Opere [1956. 1971], Leonardo Sciascia, (Bompiani), ISBN: ISBN:88-452-3254-9