コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3731003イタリア語学イタリア文学(特殊講義)

3731003イタリア語学イタリア文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET22 63731 LJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月2
教員
  • 村瀬 有司(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的  パオロ・ジョヴィオは、図案と銘句を組み合わせたインプレーザと呼ばれる象徴的な装飾について、その創作技法と作品に込められた意味を対話形式で論じています。この授業では、16世紀のイタリアで流行したインプレーザが、どのような人たちによって、いかなる意図によって作られ掲げられていたのかを、ジョヴィオの対話篇を精読しながら検証します。
到達目標 ①ルネサンス期のイタリア語散文を正確に読解する力を身につける。
②16世紀のイタリア文化について理解を深める。
授業計画と内容  以下の予定で授業を進めていきます。

初回:イントロダクション
 
第2回~14回:ジョヴィオの対話篇の読解と検証

第15回:フィードバック
成績評価の方法・観点 小テスト(70点)と期末レポート(30点)をもとに評価します。
履修要件 イタリア語の読解力を備えていること。
授業外学習(予習・復習)等 原典精読に基づく授業なので、十分な予習が求められます。毎回簡単な小テストを行って予習の精度を確認します。
教科書
  • プリントを配布します。
参考書等
  • 授業中に紹介します。