コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3631012フランス語学フランス文学(特殊講義)

3631012フランス語学フランス文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET21 63631 LJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 月3
教員
  • 伊藤 玄吾(非常勤講師)
授業の概要・目的 フランスの16世紀は、中世から近代へと至る過程にあって、言語的・文学的にも宗教的・思想的にも極めて大きな変革を経験した時代である。著作家たちは、この時代特有の雑多にして豊潤、そして極めて柔軟なフランス語を縦横に駆使して、多彩で豊かな作品を数多く生み出した。本講義ではそうした作品群の中から代表的なテクストを抜粋し、原典を丁寧に読み解く練習を行うとともに、それらのテクストの含む言語史的・文学史的・宗教史的・思想史的な問題を論じたい。前半は主に散文作品(ラブレー、カルヴァン、モンテーニュ)を、後半は韻文作品(マロ、ロンサール、ドービニェ)を扱う予定である。フランス文学史における16世紀文学の重要性を理解することはもちろん、より広いヨーロッパの同時代文学の文脈においてこれらの作品の持つ意義も考えたい。
到達目標 16世紀の代表的なフランス語作品についての知見を深め、その文学史的意義を理解するとともに、それを同時代の他のヨーロッパ文学と比較して考察することができるようになる。
現代フランス語とは異なる16世紀のフランス語の語彙と文法(とりわけ統語法)に関する基礎知識を習得するとともに、テクストをより正確に読み解く上で有用な各種参考文献の活用の仕方を学び、16世紀前期から末期までの異なる時期の、異なるジャンルの文献の読解に取り組むために必要な能力を養う。
授業計画と内容 第1回 フランス16世紀文学を学ぶために(1)フランス16世紀文学概観
第2回 フランス16世紀文学を学ぶために(2)16世紀フランス語について
第3回 散文テクスト1:ラブレー(1)
第4回 散文テクスト2:ラブレー(2)
第5回 散文テクスト3:カルヴァン(1)
第6回 散文テクスト4:カルヴァン(2)
第7回 散文テクスト5:モンテーニュ(1)
第8回 散文テクスト6:モンテーニュ(2)
第9回 韻文テクスト1:マロ(1)
第10回 韻文テクスト2:マロ(2)
第11回 韻文テクスト3:ロンサール(1)
第12回 韻文テクスト4:ロンサール(2)
第13回 韻文テクスト5:ドービニェ(1)
第14回 韻文テクスト6:ドービニェ(2)
第15回 これまでの授業の統括
成績評価の方法・観点 平常点と学期末のレポートで、成績を評価する。
授業で学ぶテクスト読解上の基本事項を踏まえているか、またその上で自分なりの解釈を説得的に示しえているかを評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 学習対象のテキストについて予習し、あらかじめ各自が解釈についての見解を準備すること