コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3331005ドイツ語学ドイツ文学(特殊講義)

3331005ドイツ語学ドイツ文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET17 63331 LJ36
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金4
教員
  • 河崎 靖(人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的 印欧語の世界を視野に収めながら、ことばの普遍性・体系性を明らかにすることを目標とする。史的言語学の諸分野(音論、形態論、統語論等の諸領域)を対象に、言語体系の普遍的な法則性を探るべく、通時的考究を進める。言語体系の法則性・言語変化のメカニズムを探り、そのあり方を解明することを通して、言語の本質に迫る。
到達目標 今日の言語学の手法と併せて、言語の史的考察による種々の成果を踏まえ、言語学の方法論上の問題について考究する力が身に付くようにする。個別言語にとどまらず、言語一般の体系性が把握できることを目指す。
授業計画と内容 ゲルマン語学の諸分野(音論・形態論・統語論・意味論などの領域)を対象に、言語体系の普遍的な法則性を探るべく考究を進める。言語の理論的アプローチによる種々の成果を踏まえ、言語学の方法論上の問題についても考察する。

第1回~第3回 印欧語学の諸問題
第4回~第8回 ゲルマン語学の諸分野(音論・形態論・統語論・意味論)
第9回~第10回 ドイツ語圏の方言学
第11回~第13回 ゲルマン語学・ドイツ語学と一般言語学
第14回~第15回 まとめ
成績評価の方法・観点 主に研究発表の形式をとる。発表など平常点を主に成績評価を行う。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 こちらで用意する教材に関し、授業の前後(予習・復習)に課題を課し、授業時に発表できる準備をしてもらう。
参考書等
  • ゲルマン語学への誘い, 河崎 靖, (現代書館),
  • ゲルマン語基礎語彙集, 河崎 靖, (大学書林),