コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3251005スラブ語学スラブ文学(講読)

3251005スラブ語学スラブ文学(講読)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET16 73251 LJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講読
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金4
教員
  • 帯谷 知可(東南アジア地域研究研究所 准教授)
授業の概要・目的 ロシア語の読解・運用能力を向上させ、合わせてロシア語による論文の作法・スタイル・表現などに習熟する目的で、人文社会系分野のロシア語学術論文の講読を行う。
到達目標 ロシア語の人文社会系分野の学術論文を辞書・参考書などを利用しながら読み、その内容を理解し、重要なポイントをまとめられるようになる。
授業計画と内容 各回とも授業担当教員の指定する論文につき、パートごとに担当者を決め、輪読する形式とする。

第1回~第5回 ロシア文化に関する論文を講読する 
第6回~第10回 歴史学関連の論文を講読する
第11回~第15回 民族学・文化人類学関連の論文を講読する
成績評価の方法・観点 平常点50%、期末レポート50%で評価する。
履修要件 ロシア語の基本文法を習得済みであること。
授業外学習(予習・復習)等 当該回に読み進めるパートについて、あらかじめ辞書等を用いて一通り目を通し、内容を理解し、翻訳ができるようにしておくこと。
教科書
  • 教材となる論文をプリントで配布する。
参考書等
  • 各自必要な辞書等を持参・利用すること。