コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 3141002西洋古典学(演習)

3141002西洋古典学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET15 73141 SJ36
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金3
教員
  • 平山 晃司(非常勤講師)
授業の概要・目的 平明にして流麗なアッティカ方言で綴られ、機知と諷刺と諧謔に富んだルーキアーノスの散文作品を精読することにより、ギリシア語の読解力を養う。
到達目標 ギリシア語の読解力を向上させる。
授業計画と内容 哲学的問答の形式に喜劇やサテュロス劇の滑稽さ、イアムボス詩の痛罵と嘲笑、犬儒派的精神など様々な要素を盛り込んだ独特の対話篇や修辞学的随想など、多彩な作品群の中から数篇を選んで精読する。毎回3~4頁ずつ読み進める。

第1回 導入(テクスト配布、注釈書の紹介など)
第2回~第15回 訳読
成績評価の方法・観点 出席状況、訳読の出来の良否などを勘案し、平常点によって評価する。
履修要件 ギリシア語文法を修得済みであること。
授業外学習(予習・復習)等 毎回の授業に備えてテクストの指定された範囲を丁寧に読んでおくこと。
教科書
  • Luciani opera, M. D. Macleod, (Oxford University Press),