コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 1540001中国哲学史(演習)

1540001中国哲学史(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET12 71540 SJ36
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金5
教員
  • 宇佐美 文理(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 古典文献の講読を通して、漢文読解力を養うと共に、中国文化への理解を深める。そのために『国朝文録』を精読する。授業は、各文章毎に、学生諸氏に訳注を準備してもらい、授業時に参加者全員で内容等について議論検討する、という形式を取る。出典に確実に当たることを重視し、本文の文章や語句などすべての典拠、用例について、もとの書物(紙で出来た書物)を調べる作業を重視する。今年は巻八の論の部分を読む。
到達目標 漢文を精読することにより、漢文読解力を養成する。さらに、出典を調べながら漢籍を読むことができるようになる。また、さまざまなジャンルの議論を読むことにより、中国の書物についての幅広い知識を獲得する。
授業計画と内容 1.授業の概要、授業の進め方、訳注の作り方などのガイダンス
2.伊尹論
3.宋論(1)
4.宋論(2)
5.遠慮論一(1)
6.遠慮論一(2)
7.遠慮論二
8.遠慮論三
9.遠慮論四
10. 曹参論
11. 養魚説(1)
12. 養魚説(2)
13. 道不拾遺説
14. 封建郡県利害論上(1)
15. 封建郡県利害論上(2)
16. 封建郡県利害論下(1)
17. 封建郡県利害論下(2)
18. 論陥賊官以六等定罪(1)
19. 論陥賊官以六等定罪(2)
20. 論国君死社稷(1)
21. 論国君死社稷(2)
22. 権論
23. 戦論
24. 八陣論
25. (まだれに龍)涓論
26. 趙勝論
27. 李広論
28. 趙充国論
29. 鄧禹論
30. フィードバック(詳細は授業時に説明する)
成績評価の方法・観点 平常点による。(漢文読解、典拠の調査等を総合的に判断する。訳注作成ならびに毎時間の発表が100%。)
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 綿密な下調べが必要です。
教科書
  • テキストはコピーして配布する。
参考書等
  • 授業時に紹介する。