コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 1431012中国語学中国文学(特殊講義)

1431012中国語学中国文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET11 61431 LJ36
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 静永 健(非常勤講師)
授業の概要・目的  この講義の目的は、中国唐代の詩人白居易(772~846)の詩文集『白氏文集』を例に、詩歌作品の本文校勘と、それによって導き出される新たな解釈の試みを具体的に学ぶことにある。とくに白居易の場合、我が国に保存される幾つもの古写本(これらを旧鈔本という)の処理方法が問題解決の鍵を握ることが多い。単に中国の古典を味読・鑑賞するだけではなく、過去の定説によって固定化され、あるいは隠蔽されてしまった考え方(=可能性)を新たに発掘し、より深く、身近に、当時の作者の感性に迫ることができる(あるいは一時的にでも「できた」と思える)ような講義としたい。
到達目標 ・中国唐代の詩歌作品の作られ方(平仄・押韻)について理解する。
・中国古典の語彙おける、古典文学独特の内容解釈方法(出典・典拠)を理解する。
・古典文学が今日に伝承されるまでの、さまざまな媒体(筆写・出版・etc…)の存在を理解する。
・そもそも学問に「領域」は存在しない、ましてや「国境」や「民族」という今日的な枠組みにとらわれることの虚妄を理解し、アクティブに研究する能力を養う。
授業計画と内容  この講義は、およそ以下のような授業計画で進んでゆく。ただし、授業の進捗状況によって、適宜、内容の変更や、講義する順序が入れ替わることがある。
第一回:ある夏の日の詩歌から
第二回:日中で異なる「長恨歌」の本文
第三回:紫式部が見た『白氏文集』
第四回:高倉天皇と「紅葉」
第五回:菅原道真の「飛梅」
第六回:敦煌と日本の奇妙な繋がり
第七回:「新楽府」詩巻の落書きについて
第八回:香炉峰の雪と謫居のたたずまい
第九回:「琵琶行」は何時詠まれたか
第十回:妻を暗示する唐詩の話
第十一回:八月十五夜の詩歌
第十二回:かぐや姫はどこから来たのか
第十三回:『白氏文集』伝来の偶然
第十四回:日本に生きる楊貴妃
最終回:全講義のおさらい。教場試験。
成績評価の方法・観点  ほぼ毎時間冒頭に理解の導入として課す「小テスト」(3点×14回)と、最終回の筆記試験(58点)により評価する。
 独自の工夫が見られるものについては、高い点を与える。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 中国文学研究室以外の受講生諸君には、以下の参考書によって、唐詩、および白居易(白楽天)についての基本的な情報を確認しておいてください。
・小川環樹『唐詩概説』(岩波文庫、2005)
・川合康三『白楽天』(岩波新書、2010)
・川合康三『白楽天詩選』(岩波文庫、2011)
・中西 進『源氏物語と白楽天』(岩波書店、1997)
・下定雅弘『白楽天』(角川ソフィア文庫、2010)
・静永 健『漢籍伝来』(勉誠出版、2010)
・神鷹徳治『旧鈔本の世界』(勉誠出版・アジア遊学、2011)
・静永 健『唐詩推敲』(研文出版、2012) 
参考書等
  • 白居易詩集校注, 謝思イ(火韋), (中華書局), ISBN: ISBN:710104982
  • 白居易集箋校, 朱金城, (上海古籍出版社), ISBN: ISBN:7532502305
  • 白居易集, 顧学頡, (中華書局), ISBN: ISBN:7101004121
  • 白氏文集:金澤文庫本, 川瀬一馬, (勉誠社), ISBN: ISBN:NCID:BN03089709
  • 神田本白氏文集, 太田次男, (勉誠社), ISBN: ISBN:NCID:BN00291703