コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 1431011中国語学中国文学(特殊講義)

1431011中国語学中国文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET11 61431 LJ36
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金4
教員
  • 成田 健太郎(文学研究科 准教授)
授業の概要・目的 書論とは、広義には文字を書写することに関するあらゆる言説を指し、狭義には文字を書写することについて議論することを主たる目的として撰述された著作を指す。本講義では、主として後者を取りあげつつ前者にも目を配って、漢より唐に至る中国書論史像の提示を目指す。
到達目標 ・さまざまなスタイルの書論の説くところを正確に理解する。
・上古・中古の中国社会において文字書写に対する理解を言説化することがどのように要求され、どのように具体化され、どのように発展したか理解する。
・当時の知識人が文字書写に対して抱いた思想を理解する。
・書論と他の芸術ジャンルに関する言説との相互関係を理解する。
授業計画と内容 第1回:書論とは
第2回:『漢書』・『後漢書』・『三国志』中にみえる書論の萌芽
第3回:「説文解字序」
第4回:「非草書」
第5回:韻文ジャンル「勢」の成立
第6回:劉宋の書論
第7回:南斉の書論
第8回:梁の書論
第9回:初唐の書論
第10回:「書断」
第11回:「述書賦」
第12回:書訣と筆法伝授
第13回:「蘭亭記」
第14回:杜甫・韓愈の書論
第15回:まとめ
成績評価の方法・観点 平常点(授業中に課す小レポート14回、計42%)および期末レポート(58%)による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義内容の十分な理解のために、配布された文献資料を授業外において読み、適宜参考文献に当たる必要がある。
教科書
  • 授業中にプリント資料を配布する。
参考書等
  • 中国中古の書学理論, 成田健太郎, (京都大学学術出版会), ISBN: ISBN:9784876988945
  • 中国書論大系 第1巻:漢魏晋南北朝, (二玄社), ISBN: ISBN:9784544010144
  • 中国書論大系 第2巻:唐1, (二玄社), ISBN: ISBN:9784544010152
  • 中国書論大系 第3巻:唐2, (二玄社), ISBN: ISBN:9784544010169