コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 1340001国語学国文学(演習)

1340001国語学国文学(演習)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET10 71340 SJ36
開講年度・開講期 2020・通年
単位数 4 単位
授業形態 演習
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 金5
教員
  • 大槻 信(文学研究科 教授)
授業の概要・目的 国語学関係の論文をとりあげ、演習形式で研究を行う。
国語学史上重要な論文を批判的に精読する。この授業のねらいは、精読に値する論文を精読する、ということに尽きる。精読に値するとは、正確な知識を提供し、方法論について学ぶところがあり、我々に知的刺激を与えてくれる、ということである。つまり、本演習では、とても面白い論文をしっかり読む、ということになる。
授業では、調べ、考える楽しさを重視する。
到達目標 国語学についての基礎知識を獲得し、様々な工具書を用いて論文を読解・検証し、論文について考察・議論できるようになる。
授業計画と内容 国語学史上重要な論文を一人一つずつ担当し、演習形式で研究を行う。具体的には、論文に引かれている用例全てを調べ直し、言及されている論文全てを確認する。以降の研究の展開も視野に入れ、研究史の中での位置付けをさぐる。それらを通し、該当論文の何がどう重要なのかを考える。
年度はじめ数回をイントロダクションと論文の選択にあてる。何が重要であるかを認識する選択眼もまた重要だ。受講者には自分で論文を選択することが求められる。
授業では受講者からの積極的な発言を歓迎し、活発な議論が行われることを期待している。

【前期】
第1回 イントロダクション
第2回 論文選択 前半
第3回 論文選択 後半
第4回 論文① 前半
第5回 論文① 後半
第6回 論文② 前半
第7回 論文② 後半
第8回 論文③ 前半
第9回 論文③ 後半
第10回 論文④ 前半
第11回 論文④ 後半
第12回 論文⑤ 前半
第13回 論文⑤ 後半
第14回 論文⑥ 前半
第15回 論文⑥ 後半

【後期】
第1回 論文⑦ 前半
第2回 論文⑦ 後半
第3回 論文⑧ 前半
第4回 論文⑧ 後半
第5回 論文⑨ 前半
第6回 論文⑨ 後半
第7回 論文⑩ 前半
第8回 論文⑩ 後半
第9回 論文⑪ 前半
第10回 論文⑪ 後半
第11回 論文⑫ 前半
第12回 論文⑫ 後半
第13回 論文⑬ 前半
第14回 論文⑬ 後半
第15回 まとめ
成績評価の方法・観点 成績は発表によって評価し、授業中の発言等を平常点として加味する。
発表の機会がなかった者は発表に相当するレポートをもって評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 受講者全員が、その回の授業でとりあげる論文を読んだ上で授業にのぞむことが期待されている。
教科書
  • 特定のテキストは使用しない。検討する論文のコピーを配布する。