コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 1331012国語学国文学(特殊講義)

1331012国語学国文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET10 61331 LJ36
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 堀川 貴司(非常勤講師)
授業の概要・目的 中世、主として五山寺院の禅僧によって作られた漢詩文を五山文学と称する。この講義では、それらの作品について、その生み出された文化的環境、彼らが手本とした中国文学、創作と密接に関係する注釈等の学問、それらに関わる書物群などにも注意を払いつつ、始発から終焉までを概観する。あわせて、同時代他ジャンルの文学との関係についても言及する。
到達目標 五山文学の歴史や特徴について理解するとともに、他ジャンルの中世文学との関係についても知識を得ることによって、中世文学の全体像について理解を深める。
授業計画と内容 第1回 五山とは何か
第2回 五山僧の読書範囲と書物群
第3回 初学書(三体詩・古文真宝)
第4回 初学書(錦繍段)
第5回 杜甫・蘇軾・黄庭堅
第6回 抄物
第7回 作品の分類と特徴
第8回 鎌倉時代
第9回 南北朝時代
第10回 室町前期
第11回 室町中期
第12回 三条西家と五山
第13回 室町後期
第14回 江戸初期
第15回 まとめと展望
《期末試験》
成績評価の方法・観点 平常点20パーセント、期末試験80パーセントで評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 予習は特に必要ないが、興味がある人は参考文献に目を通してください。また、授業で取り上げた作品については、内容・表現を十分理解できるようプリント・ノートを使って復習して下さい。
教科書
  • プリント配布。
参考書等
  • 東アジアに漕ぎだす4 東アジアのなかの五山文化, 島尾新編, (東京大学出版会), ISBN: ISBN:978-4-13-025144-0
  • 五山文学, 玉村竹二, (至文堂), ISBN: ISBN:978-4784300044
  • 東語西話 室町文化寸描, 今泉淑夫, (吉川弘文館), ISBN: ISBN:9784642074285