コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 文学研究科 日本語授業 1331002国語学国文学(特殊講義)

1331002国語学国文学(特殊講義)

JA | EN

科目ナンバリング
  • G-LET10 61331 LJ36
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 特殊講義
対象学生 大学院生
使用言語 日本語
曜時限 水4
教員
  • 須田 千里(人間・環境学研究科 教授)
授業の概要・目的  泉鏡花は明治から昭和に渉って活躍した作家である。この授業では、主に前近代やt中国文学、翻訳文学を素材とした作品を中心にモチーフやテーマを考察し、精緻な読解を目指す。併せて、受講生の批判意識を深め、研究の手法を学ぶ。なお、前期の日本語学・日本文学IIIA履修を推奨する。
到達目標  泉鏡花に関する研究内容の把握が出来ること、従来の評価や論点を知った上で、自分の考えを論理的に述べられるようになること。他の受講生の多様な意見を受け入れ、適宜意見交換をしながらさらに自分の論点を深められること。クラス全体で、重層的に考えを発展していけること。批判的な考え方が出来ること。説得性と独自性を備えたレポートを書くことができること。
授業計画と内容  泉鏡花の研究において受講生の批判意識を深め、研究の手法を学ぶべく、適宜質問、意見、感想などを書いて貰う。教員は、それを踏まえて補足する。
 学生は、教員の講義内容がより深く理解できるように、各自作品本文を十分読み込んだ上で授業に出席するとともに、自宅において、質問や意見を用紙に記入し、授業の際に提出する。
 全体の授業内容を踏まえて受講生各自でレポートを書く。なお、理解の程度にあわせて進度や内容を調整することがある。
第1回 ガイダンス。泉鏡花の生涯と作品
第2回 「化鳥」の語り
第3回 「化鳥」と「小公子」
第4回 「化鳥」の構造
第5回 「草迷宮」と民間伝承
第6回 「草迷宮」と「稲生物怪録」
第7回 「草迷宮」と西鶴、その他
第8回 「草迷宮」の構造
第9回 「草迷宮」の世界観
第10回 泉鏡花と中国文学(1)明治40年までの随筆
第11回 泉鏡花と中国文学(2)明治41年以降の随筆
第12回 泉鏡花と中国文学(3)作品への影響
第13回 上記作品に関する補足説明、レポート作成の注意
第14回 レポート講評
第15回  フィードバック
成績評価の方法・観点 質問・意見等の表明4割、レポート6割。レポートは独自性と説得性の観点から評価する。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等  教員の講義内容がより深く理解できるように、各自作品本文を十分読み込んだ上で授業に出席するとともに、自宅において、質問や意見等を用紙に記入し、授業の際に提出する。
教科書
  • プリントを配布することがある。