コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食品生物科学科 食品工業論

食品工業論

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR06 4F127 LJ79
  • U-AGR06 4F127 PJ79
開講年度・開講期 2020・前期集中
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 集中
教員
  • 木ノ内 俊(非常勤講師)
  • 平井 達雄(非常勤講師)
  • 安井 孝(非常勤講師)
  • 井上 和生(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 食品のもつ特性、「おいしさ」「食べやすさ」「取り扱いやすさ」「保存性」「栄養価」「機能性」等々を市場に提供するためには、多岐にわたる研究開発・生産技術により実現されている。本講義では、食品の基礎研究、開発研究、加工技術について乳製品と漬物を事例として概説する。また、近年消費者が強く求める食品の安全・安心および食品表示について概説する。併せて、生産現場を視察することにより、食品工業の実際について理解を深める。
到達目標 生産現場ではどのような知識や技術が求められているのかを理解し、これまでの学習成果との関連を把握する。
授業計画と内容 第1回:食品産業の発展と役割、今後の課題(乳・乳製品を中心に)
第2回:乳・乳製品の製品特性と背景にある研究開発・加工技術
第3回:乳・乳製品の健康機能(プロバイオティクスを中心に)
第4回:消費者が求める食の安全・安心

第5~9回:工場見学

第10回:食品包装技術
    包装(パッケージ)の重要性、包装素材、食品衛生法、包装機械の概要、新しい技術
第11回:食品の国際化
    ・日本の乳業の原料乳価について
    ・価格、各種の補助金政策の現状、自由貿易に向けての取り組み(食品の定義、関税)
    ・食品品質保証体制の国際化(ISO認証、HACCP)
第12回:品質管理の重要性(失敗に学ぶ)
    ・食品メーカーが起こして来た大きな品質事故の紹介
    ・食品の安全安心を守る行政の変化(消費者保護の強化)
    ・食品業界の動向(ネット社会への対応等) 
第13回:風土と食の関わり(食の使命、伝統食、和食文化、国土保全)
    地場食品製造業について(地域ブランド確立、伝統食品継承、安全安心システム、等)
第14回:日本の伝統食「漬物」と「京漬物」
    (歴史、製造原理、製造法、分類、関連法規、業界状況 等)
    シンバイオティクス食品としての「漬物」
    (シンバイオティクスとは、乳酸発酵漬物の摂取試験結果 等)

フィードバック方法は別途連絡します。
成績評価の方法・観点 平常点およびレポートの結果を合わせて評価する。
「評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。」
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 特に予習は必要としないが、毎回の講義内容とこれまでの学習成果がどのように関連するか、それぞれの教科目の該当する内容を復習し、整理しておくこと。
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    オムニバス形式で多様な企業等から講師・ゲストスピーカー等を招いた授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    明治乳業株式会社(入社当時)およびその他(25年) 雪印乳業株式会社(入社当時)およびその他(48年) 株式会社西利(46年) (農学研究科教員を除く)

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    食品の基礎研究、開発研究、加工技術について乳製品と漬物を事例として概説する。また、近年消費者が強く求める食品の安全・安心および食品表示について概説する。併せて、生産現場を視察することにより、食品工業の実際について理解を深める。