コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食品生物科学科 食品工学I

食品工学I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR06 2F119 LJ79
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金2
教員
  • 谷 史人(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 食品製造プロセスの合理的な設計,運転に関する基礎知識を習得するため,単位や次元,物質収支,固液分離,物質移動,拡散,ガス吸収,流動とレオロジーの基礎について平易に講義する.
到達目標 食品の製造に関する物理化学的な基礎知識を修得し,事象を定量的に扱うことができること.
授業計画と内容 ①単位と次元・物質収支
②水の科学(1):構造、水分活性、水分収着・吸着等温線
③水の科学(2):相律、相図
④ガラス転移(1)
⑤ガラス転移(2)
⑥固液分離(1):粒子径・分布
⑦固液分離(2):ストークス径・遠心分離
⑧物質移動と輸送
⑨拡散(1):拡散理論、Fickの法則
⑩拡散(2):ガス吸収、ヘンリーの法則
⑪拡散(3):二重境膜説、物質移動係数
⑫流動とレオロジー(1):Bernoulliの法則、Hagen-Poiseuilleの法則
⑬流動とレオロジー(2):Newtonの粘性法則(ニュートン流体、非ニュートン流体)
⑭流動とレオロジー(3):応力とひずみ、静的・動的粘弾性
<期末試験>
⑮フィードバック
フィードバック方法は別途連絡します.
成績評価の方法・観点 【評価方法】期末試験の成績ならびに平常点を総合的に評価する.
【評価基準】評価基準及び方針については,当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による.
履修要件 食品物理化学ⅠおよびⅡを履修していることが望ましい.
授業外学習(予習・復習)等 授業中に講義した内容の復習、ならびに、授業中に指示した次週の内容を予習すること.
教科書
  • 食品を造る基礎科学 食品工学入門, 安達修二・古田武, (カルチュレード), ISBN:978-4-905179-09-2