コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食品生物科学科 食品生物工学実験及び実験法

食品生物工学実験及び実験法

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR06 3F312 EJ79
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 3 単位
授業形態 実験
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3・4・5・火3・4・5・水3・4・5・木3・4・5・金3・4・5
教員
  • 谷 史人(農学研究科 教授)
  • 桝田 哲哉(農学研究科 助教)
  • 小川 剛伸(農学研究科 助教)
  • 西野 勝俊(生命科学研究科 助教)
授業の概要・目的 食品を構成している水,タンパク質や核酸物質などの高分子化合物の物理化学的特性,食品の構造や口腔内感覚特性などの機能発現に関する解析法の基礎を理解する.食品製造プロセスにかかわる物理化学的現象,物質の移動や反応操作の基礎を理解する.
到達目標 食品科学や食品工学に関する正確で幅広い知識を獲得するとともに,実際の食品の加工や製造において用いられる手法や技術の原理を理解し,食品を創成するための技術を身につける.
授業計画と内容 項目1と2は全体同時進行で,項目3~9はローテーションシステムにより行う.

+ 実験講義
1.タンパク質の構造と機能解析
2.核酸(DNA, RNA)の単離と特性解析
3.相転移・熱分析と凝固点降下
4.乳化と界面活性・レオロジー
5.食品テクスチャーと構造イメージング
6.官能評価
7.物質移動
8.伝熱
9.反応操作
+ フィードバック講義
成績評価の方法・観点 【評価方法】遅刻あるいは早退2回で1回の欠席とする.4回以上欠席した場合には単位を認めない.レポートの評価(90%)と討論への積極的な参加姿勢(10%)の素点により評価する.
【評価基準】評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による.
履修要件 食品物理化学ⅠおよびⅡ,食品化学,食品工学ⅠおよびⅡを履修していることが望ましい.
授業外学習(予習・復習)等 実験を始める前に、実験操作や手順についてあらかじめ予習すること.実験終了後、これまでの知識や情報をもとに,実験で得られたデータの問題点等について自主的に考察すること.
教科書
  • 使用しない. テキストを配布する.
参考書等
  • 配布するテキストに記載する.