コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食品生物科学科 食品物理化学I

食品物理化学I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR06 1F109 LJ79
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 1回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金3
教員
  • 保川 清(農学研究科 教授)
  • 塚野 千尋(農学研究科 准教授)
授業の概要・目的 生命現象の理解に重要な、物理化学の基礎を概説する。
到達目標 物理化学の基礎が理解できる。さらに、生命現象を理解していくうえで、物理化学的なものの見方ができるようになる。 
授業計画と内容 教科書に沿って授業を行う。
以下の項目について、各項目あたり1~3週の授業を予定している。

<保川担当>
第1回.物理化学がなぜ重要か、基本概念
第2回.基本概念
第3、4回.熱力学第一法則
第5、6回.熱力学第二法則
第7回.計算問題の演習

<塚野担当>
第8、9、10回.相平衡
第11、12回.化学平衡Ⅰ(熱力学的な裏付け、諸条件による平衡の移動)
第13、14回.化学平衡Ⅱ(共役反応、プロトン移動平衡)

<保川・塚野担当>
第15回.フィードバック(内容は未定)
成績評価の方法・観点 【評価方法】
 第1回~第14回に行う小テストの合計(20点満点)と期末テストの点数(80点満点)を合わせて100点満点とし評価する。

【評価方針】
 評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 授業中に適宜指示する。
教科書
  • アトキンス 生命科学のための物理化学 第2版, Peter Atkins (著), Julio de Paula (著), 稲葉 章 (翻訳), 中川 敦史 (翻訳), (東京化学同人), ISBN:978-4807908387