コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食品生物科学科 応用微生物学実験及び実験法

応用微生物学実験及び実験法

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR06 3F314 EJ79
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 3 単位
授業形態 実験
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月3・4・5・火3・4・5・水3・4・5・木3・4・5・金3・4・5
教員
  • 渡辺 大輔(農学研究科 准教授)
  • 橋本 渉(農学研究科 教授)
  • 兒島 憲二(農学研究科 助教)
  • 髙瀬 隆一(農学研究科 助教)
授業の概要・目的 微生物研究の基本的な実験操作法(滅菌操作・自然界からの分離法・培養法・形態観察)を習熟することにより、微生物の分類に関する基礎的技術を修得する。微生物の代謝機能を用いた物質変換法を会得する。また、微生物を用いた遺伝子工学に関する基礎的知識と実験法を学ぶことにより、微生物遺伝現象と遺伝子組換えの意義を理解する。さらに、微生物による醸造を通じて発酵機構の理解を深める。
到達目標 微生物研究の基本的な実験操作法を習得する。また、法令に基づいた遺伝子組換え実験方法を身につける。
授業計画と内容 全日程を23日で構成する。
1.基礎微生物学実験(4回)
 (微生物の形態、培養法、増殖過程の理解)
  細菌、酵母、カビ、放線菌の肉眼的及び顕微鏡的観察
  滅菌操作法、固体及び液体培養法の習得(濁度測定による増殖曲線を描く)
2.微生物の探索と分離実験(7回)
 (自然界での微生物の多様性及び有用微生物の分離とその意義の理解)
  培養法によるヒト常在菌を含めた微生物の多様性の解析
  集積培養法による有用(バイオマス資化性)微生物の探索と分離
3.遺伝子工学実験(3回)
 (微生物遺伝現象の機構とその応用の理解)
  (i)微生物遺伝学実験
   細菌の遺伝子受容細胞(コンピテントセル)の作製とその形質転換
  (ii)酵素工学と遺伝子工学実験
   遺伝子組換えによる酵素大量発現株の固定化と有用物質(NADP)の生産
4.微生物醸造学実験(7回)
 (微生物発酵機構の理解と発酵産物の官能評価)
  微生物による発酵食品(清酒、ワイン等)の生産
フィードバック(質疑応答)(2回)
成績評価の方法・観点 【評価方法】
レポートの成績(約90%) 平常点評価(約10%)
レポートについては到達目標の方針に基づき評価する。
平常点評価には、授業内質疑応答などを含む。
4回以上欠席した場合には単位を認定しない。
【評価基準】
「評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。」
履修要件 大学で「微生物学」を習得していることが望ましいが、必須ではない。
授業外学習(予習・復習)等 実験前に配付資料をよく読んで予習すること。また、実験後にデータを取り纏めて考察すること。
教科書
  • 資料を配付する。
参考書等
  • 遺伝子から見た応用微生物学, 熊谷英彦、加藤暢夫、村田幸作、阪井康能 編著, (朝倉書店), ISBN: ISBN:ISBN:978-4-254-43097-4
実務経験のある教員による授業
  • 分類:

    実務経験のある教員による実務経験を活かした授業科目

  • 当該授業科目に関連した実務経験の内容:

    国税庁4年 (橋本、兒島、髙瀬を除く)

  • 実務経験を活かした実践的な授業の内容:

    国税庁勤務を踏まえ、清酒の製造方法や酒税法等について指導し、微生物による醸造を通じて発酵機構の理解を深める。