コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 農学原論演習I

農学原論演習I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 3D338 SJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金4・5
教員
  • 秋津 元輝(農学研究科 教授)
  • 大石 和男(農学研究科 助教)
授業の概要・目的  現代の農林業と農村社会、食料の生産と流通・消費は多くの問題に直面している。この演習では、そうした問題を扱う卒業論文執筆の第一段階として、受講者の問題関心を深め、関連する先行研究に親しむために、学会誌論文のレビューをおこなう。それを通じて、当該テーマの研究動向を把握するとともに、論文の形式についての理解を深める。さらに、調査研究計画の内容について順次発表して討議し、卒業論文執筆にむけた準備をおこなう。
到達目標 学会誌論文を読んで、学術論文の形式や論証の方法などを理解すると同時に、自らの関心を深める。
授業計画と内容 授業計画

1.先行研究のレビューと討議(1回から11回)
 研究課題を設定するために、受講者は下記に指定する学会誌の中から、関心をもった数編の論文を選び、内容の紹介と批判をおこなう。そのプレゼンテーションを通じて、全受講生とともに、報告された論文の内容と研究の方法について討議する。論文は、「思想」「村落社会研究」「環境社会学研究」「文化人類学」「アフリカ研究」「農林業問題研究」「農業経済研究」「歴史と経済」「ソシオロジ」「社会学評論」等の学会誌から選択するものとする。

2.調査研究計画の検討(12回から14回)
 卒業論文の研究テーマにについて暫定的な計画を報告し、その具体性、研究の意義、方法、実行可能性などについて討議と指導をおこなう。

15回 まとめのディスカッションを通じて学習到達度を評価する
成績評価の方法・観点 評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。評価方法は、報告内容(60%)、議論への参加(40%)による。
履修要件 特にないが、農学原論、農村社会学の授業を受けていることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 演習形式につき、自らが報告する前には十分な準備をおこなう。