コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 農業・農村史演習III

農業・農村史演習III

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 4D414 SJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火4・5
教員
  • 足立 芳宏(農学研究科 教授)
  • 伊藤 淳史(農学研究科 准教授)
授業の概要・目的 卒業論文の報告と討議および指導をする。12月には卒論合宿を行い、集中的に討議・指導する。
到達目標 4年間の大学生活の集大成として、各自が納得のいく高水準の卒業論文を仕上げる。もって、農業・食料・環境問題に関する社会科学的な分析を主体的に行いうる能力をみにつける。
授業計画と内容 各自毎月1回から2回をめどに進行状況の報告を行う。

第1~3回:卒論中間発表会にむけての卒論指導
第4~8回:卒論指導(進捗状況の報告と指導)
第9~12回:ゼミ合宿による卒論の全体像の報告と個別指導
第13回~14回:卒論執筆に向けての指導
第15回:フィードバック
成績評価の方法・観点 毎回の報告状況(5割)、卒論への取り組み状況(5割)から判定する。
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 卒論作成を日常生活の中心にすえて、演習時はもとより、常時これに取り組むこととする。