コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 国際農村発展論演習III

国際農村発展論演習III

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 4D412 SJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1・2
教員
  • 浅見 淳之(農学研究科 教授)
  • 中田 義昭(農学研究科 助教)
  • 三浦 憲(農学研究科 助教)
授業の概要・目的  卒業論文の完成に向けて教授の指導の下、文献研究、統計分析、臨地調査、アンケート調査を実施し、討論によって研究成果を検討する。学生は、テーマに応じた先行研究を検討し、さらに考察、調査、計算を繰り返し行い、論文を完成させる。そのために、論文のテーマに応じて分析結果を逐次発表し、教授または教授の指定する担当教員からのコメントにもとづき、修正を施しながら、各自が論文を完成させる。
到達目標 学士号取得のレベルに達する卒業論文を執筆する。
授業計画と内容 1.教授の指導の下、研究テーマ、課題の背景、分析手法、分析に使用するデータ、調査方法について報告し、研究テーマを確定する。(4回)
2.フィールドワークによる現地調査、統計資料の収集、アンケート調査などにより、分析に必要な 資料を収集、整理して教授に報告する。(4回)
3.分析結果を報告し、教授または教授の指定する担当教員からのコメントにもとづき修正を行う(4回)
4.論文の草稿を作成し報告する。 (2回)
5.論文の文章、書式等について、教授または教授の指定する担当教員が校閲を行う。(1回)
フィードバックは適宜行う。
成績評価の方法・観点 「評価基準及び方針」については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。出席、卒論の進捗、卒論の方針によって評価する。
履修要件 国際農村発展論I,IIを履修していること。
授業外学習(予習・復習)等 報告者は、出席者が報告の内容を理解できるよう、報告要旨と参考文献を、報告前日までに、参加者全員に配布しておくこと。
参考書等
  • 卒論に関連した文献の紹介と進捗状況の報告が主となる。