コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 国際農村発展論演習I

国際農村発展論演習I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 3D336 SJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水1・2
教員
  • 浅見 淳之(農学研究科 教授)
  • 中田 義昭(農学研究科 助教)
  • 三浦 憲(農学研究科 助教)
授業の概要・目的  発展途上国や日本の農村発展について学習し、これにかかわる卒業論文を作成するには、農業経済学や開発経済学の習得が不可欠であり、これらの基礎となるミクロ経済学と計量経済学を理解しておく必要がある。ミクロ経済学では、特に消費・生産・市場を中心にして教科書を輪読し、演習問題を解いてみる。計量経済学では、マイクロデータに応用できる手法として、OLS, IV, RCT, DID, RDDを扱い、STATA演習を通じてデータ構築および計量分析を経験することで、実証分析を行う能力を養う。また随時、農村発展問題のトピックスを学ぶ。教授、また教授の指定する教員がこれらを担当する。
到達目標 ミクロ経済学のうち、特に農業経済学の理解に必要な消費、生産、市場の理論を中心に習得する。また実証論文の定式化やStataを用いた手法を学び、実推計結果を解釈する能力を身につける
授業計画と内容 ミクロ経済学
1 消費者行動 効用関数、需要、双対性
2 消費者行動の演習問題
3 企業行動 生産技術と費用、費用関数と利潤関数
4 企業行動の演習問題
5 競争経済の均衡
6 競争経済の均衡の演習問題
7 フィードバック(ハウスホールドモデル)

計量経済学
8 政策評価概論/確率統計復習
9 OLS
10 操作変数法
11 ランダム化比較試験
12 差の差分析
13 回帰不連続デザイン
14 統計ソフトの使い方
15 フィードバック
成績評価の方法・観点 評価基準及び方針については、当該年度の農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。出席ならびにゼミでの発表、問題演習の解答、推計結果の提出によって評価する。
履修要件 入門的なミクロ経済学を受講していること。
授業外学習(予習・復習)等 参加者全員が、2~3時間費やし予習をしてくること。
教科書
  • ミクロ経済学, 武隈愼一, (新世社), ISBN:88384-004-2
  • 演習ミクロ経済学, 武隈愼一, (新世社), ISBN:915787-40-0
  • 計量経済学の第一歩, 田中隆一, (有斐閣), ISBN:978-4-641-15028-7