コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 森林経済政策学演習III

森林経済政策学演習III

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 4D410 SJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火1・2
教員
  • 栗山 浩一(農学研究科 教授)
  • 三谷 羊平(農学研究科 准教授)
授業の概要・目的 各自の論文構想をもとに,課題研究完成に向けての指導を行う。
到達目標 森林問題や環境問題に関して幅広い知識を身につけることができる。聞き取り調査,アンケート調査,統計データなどをもとに自分の力でデータを収集し,分析する能力を身につける。研究成果を報告することでプレゼンテーション能力を身につけることができる。
授業計画と内容 森林経済政策学演習I・IIの履修を前提に,各自の課題研究(卒業論文)に関わる構想について質疑応答を行いつつ,論文完成に向けての指導を行う。講義スケジュールは以下のとおり。
1) ガイダンス
2) 演習(1) 卒論の中間報告
3) 演習(2) 卒論の中間報告
4) 演習(3) 卒論の中間報告
5) 演習(4) 卒論の中間報告
6) 演習(5) 卒論の中間報告
7) 演習(6) 卒論の中間報告
8) 演習(7) 卒論の中間報告
9) 演習(8) 卒論の中間報告
10) 演習(9) 卒論の中間報告
11) 演習(10) 卒論の中間報告
12) 演習(11) 卒論の中間報告
13) 演習(12) 卒論の最終報告
14) 演習(13) 卒論の最終報告
15) フィードバック
成績評価の方法・観点 演習発表(50%)ならびに討議への参加内容(50%)により評価する。
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 森林経済政策学演習I・II
授業外学習(予習・復習)等 十分な準備を行った上で報告すること。講義で参加者より指摘されたコメントをもとに,さらに課題研究に取り組むこと。
関連URL
  • http://kkuri.eco.coocan.jp
  • https://sites.google.com/site/yoheimitani/
  • http://www.forestry.kais.kyoto-u.ac.jp