コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 食料・環境政策学演習I

食料・環境政策学演習I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 3D334 SJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1・2
教員
  • 伊藤 順一(農学研究科 教授)
  • 北野 慎一(農学研究科 准教授)
授業の概要・目的  初歩的な計量経済学の内容を理解するため,以下に掲げるテキストを輪読する。演習の目的は,卒業論文の執筆に必要となる計量経済学の手法をマスターすることにある。演習では,stataなどの統計解析ソフトと学生自らが収集したデータを用いて,因果推論に関する計量分析を行う。
到達目標  卒業論文の執筆に必要となる分析ツールの基礎理論を学習する。また,stataの使い方を理解する。
授業計画と内容  演習で取り上げるトピックは以下の通りである。

1.計量経済学の実践的意義
2.確率統計の基礎
3.最小2乗法の基礎理論
4.重回帰分析の方法
5.仮説検定
6.バイアスとその除去方法
7.同時推計
8.離散選択モデル
9.マッチングと処理効果分析
10.固定効果モデルDID
11-14.本分野の卒論 
15.フィードバック
成績評価の方法・観点 【評価方法】
 演習への参加およびレポートの提出等を勘案して評価する。

【評価基準】
 評価基準及び方針については,当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による。
履修要件  予備知識として統計学の理論的基礎を習得しておくことが望ましい。エクセルが使用できることを履修の要件とする。
 担当教員の講義科目(「食料・環境政策学」「農林統計利用実習」「食料経済論」)を必ず履修し,単位を取得すること。なお分属に際し関連科目の成績を考慮することがある。
授業外学習(予習・復習)等  演習で取り上げる章を必ず予習しておくこと。
教科書
  • 実証分析入門, 森田果, (日本評論社),