コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 農業食料組織経営学演習I

農業食料組織経営学演習I

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 3D331 SJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 月4・5
教員
  • 辻村 英之(農学研究科 教授)
  • 鬼頭 弥生(農学研究科 講師)
授業の概要・目的  フードシステムの構造、およびそれを構成する農業経営・アグリビジネス、食品産業、消費者の構造や状態、行動に関する関連研究分野の主要な文献、および、関連する一般経済学や一般経営学の文献、さらに幅広い関連領域の文献のなかから、新たな視野を切り開く上で示唆の大きい文献をとりあげて購読する。
到達目標  フードシステムの構造、およびそれを構成する農業経営・アグリビジネス、食品産業、消費者の構造や状態、行動、この領域の抱える課題、それらを認識するための経済学、経営学、消費者行動論などに関する正確で幅広い知識を獲得する。あわせて、内外の文献を自分の力で読み解き、新たな知見を獲得し、対象を認識するための技能を身につける。
 また、卒業論文の作成を通して、社会問題、学術上の成果と課題を吟味し、解決を要するテーマをみいだし、解決のために必要な分析課題、分析方法を探索・設定する力を身につける。
授業計画と内容 (1) 文献購読(13回)
  演習参加者が分担して文献の内容および論点について報告し、それにもとづいて討議することにより、文献のいわんとするところを読みとりかつ、その内容を吟味する能力を高める。

(2) 卒論テーマに関する報告と討議(2回)
  卒論作成に向けて、自らの関心領域を確かめ、問題意識を醸成し、テーマ、研究課題、研究方法を検討する。文献のリストアップの方法や、関連文献の読み方などを指導する。

(3)フィードバック(1回)
成績評価の方法・観点 平常点(出席状況、ゼミでの発言)とゼミでの報告内容をもとに評価する。
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 (1)文献購読については、購読文献、それについて理解を深めるに必要な関連文献を、事前に十分に読み解き、論点を提示できるようにしてゼミに望むこと。
(2)卒業論文作成については、進捗に必要な文献を十分に読み解き、報告の有無に関わりなく自ら進めること。その経過を適宜ゼミにて報告し、ゼミの議論を取り組みに反映させること。