コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 農林統計学

農林統計学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 2D206 LJ82
開講年度・開講期 2020・後期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 2回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 木1
教員
  • 金子 治平(非常勤講師)
授業の概要・目的 人文社会科学を専攻する学生にとって、統計学的知識は社会的事象を科学的に分析する能力を養う上で必要不可欠なものである。本講義は、社会科学系の学生を対象に、統計資料や統計データに関する基本的知識と,学部レベルの統計学を習得させると同時に、社会科学に必要な計量経済学への入門となることを目的としている。
到達目標 本講義終了時に、しっかりとした統計学的思考、および、実際のデータを用いた初歩的な計量経済学的分析ができるようになることを目標とする。
授業計画と内容 1.統計資料・統計データの作成方法
2.経済に関する統計資料と統計指標
3.確率変数と確率分布
4.正規分布と正規分布族
5.点推定・区間推定と推定方法
6.統計的仮説検定
7.回帰分析
8.ロジット分析
上記のテーマについて,標本調査を意識しつつ,1-2回の講義を行う(以上,全14回).
その後,期末試験を実施し,フィードバックとして,
9.期末試験答案の返却・解説とマイクロデータの集計とモデル分析の問題
について講義する.
成績評価の方法・観点 評価基準及び方針については,当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び方針」による.
出席や課題提出による平常点(40点)および定期試験(60点)により評価する.
96-100点はA+,85-95点はA,75-84点はB,65-74点はC,60-64点はD,0-59点はFである.
履修要件 高校レベルの、微分、積分、線形代数の知識.
授業外学習(予習・復習)等 復習を主内容とする課題の提出が必須です.
講義中に行った数式展開は必ず,次週までに再度,自分で行ってください.
授業で学んだことについての理解を、講義で紹介する書籍やウェブなどで深めてください.
必要に応じて,統計ソフトRを使用した事例も紹介するので,各自実習してください.
教科書
  • 授業時に,要点を記述したプリントを配布する.