コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 国際農村発展論

国際農村発展論

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 3D306 LJ82
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 火3
教員
  • 浅見 淳之(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 アジアの農村は、それぞれの国家・地域で個性ある様々な仕組みによって運営されている。これは、「見える手」によって作り出された「農村制度」としてとらえることができる。それでは個性ある農村制度には、どこに普遍的な法則性があるのだろうか。この講義では、個性ある制度をそのまま対象として、普遍的なミクロ経済学のアプローチをとる「新制度経済学」によって、各国の農村制度に埋め込まれた普遍的なデザインを読み取っていく。特に日本と中国の、インフォーマルとフォーマルな農村制度を対象に、「取引に関連した効率性」が常に組み込まれていることを講義していく。
到達目標 授業を通して、ゲームの理論、情報の経済学をもとにした制度分析の方法論を身に着け、社会学、人類学、法律などで扱われてきた領域も、効率性を分析するミクロ経済学の方法によって合理的に説明できることを理解する。そして社会の仕組みが、フォーマルにせよインフォーマルにせよ、合理的に設計されてきたことを、国際比較によって理解する。
授業計画と内容 1 はじめに  新制度経済学とは(2回)
経済の個性である制度を説明する、新制度経済学について解説する。

2 日本農村における相互扶助慣行 (文化への埋め込み1)
日本農村にの相互扶助慣行をに組み込まれた効率性を読み解く。

3 中国の農村制度変化の概要
中国農村を対象に、制度の合理性を説明するために、その制度変化を概説する。

4 ゲーム理論の基礎知識
基礎的な理論であるゲーム理論を概説する。

5 中国農村の文化に埋め込まれた経済取引 (文化へ埋め込み2)
礼に基づく中国農村の文化の合理性、効率性を、ゲーム理論を用いて解説する。

6 情報の経済学の基礎知識 (2回)
講義を理解するための情報の経済学、契約理論を説明する。

7 中国の双層経営体制 (政治への埋め込み)(2回)
情報の経済学を用いて、中国の農業経営体制である双層経営体制の効率性を講義する。

8 交渉ゲームの基礎知識
講義を理解するために、交渉ゲームを説明する。

9 中国における農地の財産権と法(法への埋め込み)
集団所有の農地に対する法の合理性を交渉ゲームで読み解く。

10 中国の農民専業合作社 (組織への埋め込み)
農協に当たる合作社の効率性を、交渉ゲームで読み解く。

11 農村制度の本質
農村制度は「見える手」によって効率的にデザインされていることを説明する。

12 フィードバック (定期試験の説明)

<期末試験>
フィードバックは適宜行う。
成績評価の方法・観点 評価方法  期末試験 80%  平常点 20%

評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 基礎的なミクロ経済学の知識があること
授業外学習(予習・復習)等 授業以外に、復習を十分行うこと。
参考書等
  • 農村の新制度経済学 アジアと農村, 浅見淳之, (日本評論社), ISBN: ISBN:978-4-535-55782-6