コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 食料・環境経済学科 森林政策学

森林政策学

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR04 3D305 LJ43
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 講義
配当学年 3回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 金1
教員
  • 栗山 浩一(農学研究科 教授)
授業の概要・目的 森林・林業と人間社会に関わる問題を対象に,主として経済学の観点から森林政策の現状と課題について講義を行う。講義内容は森林資源の現状分析,木材需給の分析,森林の環境価値と保護制度,森林と地球環境問題などである。これらの森林・林業の課題に対して,基礎的な経済学の方法論を学びながら森林政策へ応用する方法について解説する。
到達目標 森林・林業問題に関する基本的知識を学び,森林問題や環境問題を分析するための経済分析手法を理解できるようになる。
授業計画と内容 以下のスケジュールを予定しているが,講義の理解度に応じて内容を調整することがある。講義では毎回,講義内容に関連する映像資料を使用する。講義内容の理解度を確認するため,講義終了後にレビューシートを提出してもらう。

1) イントロダクション
2) 世界の森林資源
3) 日本の森林資源
4) 木材需要と消費者理論
5) 木材供給と生産者理論
6) 木材市場と価格分析
7) 熱帯林消失と市場の失敗
8) 森林の多面的機能と公共財
9) 森林の保護制度
10) 森林と国立公園制度
11) 森林の価値
12) エコツーリズムの価値評価
13) 生態系の価値評価
14) 森林と地球温暖化対策
15) フィードバック
成績評価の方法・観点 定期試験(60%)と平常点(40%)をもとに総合的に評価する。
評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 参考書を講義前に読んでおくこと。講義中に紹介する関連文献を用いて復習すること。
参考書等
  • 環境経済学をつかむ 第3版, 栗山 浩一,馬奈木 俊介, (有斐閣), ISBN: ISBN:4641177244
  • 林政学講義, 永田 信, (東京大学出版会), ISBN: ISBN:4130720651
関連URL
  • http://kkuri.eco.coocan.jp