コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 
現在位置: ホーム ja シラバス(2020年度) 農学部 地域環境工学科 農村整備計画演習

農村整備計画演習

JA | EN

科目ナンバリング
  • U-AGR03 4C242 SJ83
開講年度・開講期 2020・前期
単位数 2 単位
授業形態 演習
配当学年 4回生
対象学生 学部生
使用言語 日本語
曜時限 水3・4
教員
  • 鬼塚 健一郎(地球環境学舎 准教授)
  • BASU,Mrittika(地球環境学舎 助教)
授業の概要・目的 農村計画に関するさまざまな調査・計画・分析手法を習得させる。具体的には、本分野の基本的な研究・調査・分析手法である①研究計画の立て方、②アンケートやインタビューなどの社会調査手法、③データ可視化手法、④文献管理法に関わる演習を行う。
到達目標 ①社会調査を設計・実施する実践的なノウハウを身につける。自力で科学的なアンケート調査を設計,実施,分析できる能力を獲得する。

②研究計画の立て方やデータ・分析結果の表現方法、文献管理法について学び、研究を自力で設計し、進めていくための実践的な能力を養う。
授業計画と内容 基本的に以下に従って演習を進める。ただし作業の進み具合などに対応して順序や同一テーマの回数を変えることがある。

第1回 ガイダンス・社会調査の基礎(担当:鬼塚)
第2回 アンケート調査演習(アンケート調査課題設定)(担当:鬼塚)
第3回 アンケート調査演習(アンケート調査票の設計①)(担当:鬼塚)
第4回 アンケート調査演習(アンケート調査票の設計②)(担当:鬼塚)
第5回 アンケート調査演習(地域実習)(担当:鬼塚)
第6回 アンケート調査演習(基本的な統計分析手法・データ入力)(担当:鬼塚)
第7回 アンケート調査演習(アンケートデータの統計分析)(担当:鬼塚)
第8回 研究計画の立て方①(担当:BASU)
第9回 研究計画の立て方②(担当:BASU)
第10回 様々な社会調査手法①(担当:BASU)
第11回 様々な社会調査手法②(担当:BASU)
第12回 データ可視化手法(担当:BASU)
第13回 データ可視化手法(担当:BASU)
第14回 文献管理法(担当:BASU)
第15回 フィードバック(担当:鬼塚・BASU)
フィードバック方法は別途連絡します
成績評価の方法・観点 評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。成績評価のウエイトは,平常点(50%)と課題レポートの評価(50%)である。
履修要件 農村計画学(C130)および農地整備学(C131)を受講あるいは修得していることが望ましい。
授業外学習(予習・復習)等 演習の時間内に終わらない場合があるが、そのような場合は次の週までに完了させておくこと。
教科書
  • 演習に必要な資料を適宜配布する。
参考書等
  • 演習のテーマにより適宜紹介する。